ほてつ歯科イメージ
ほてつ歯科とは区切り線ほてつ、という言葉は耳慣れないものかと思いますが、欠けてしまったり失われてしまったりした歯を、差し歯、入れ歯、インプラントなどの人工物で補うことを「補綴-ほてつ-」といいます。

「食べ物が噛みにくくなってしまった」「歯の欠けのせいで、しゃべりにくい」「見える場所の銀歯が、気になる…」など、さまざまなお口の問題を解決し、生活の質を向上しましょう!

こんなことに悩まされている、こんな風にはできないものか、など、お口のトラブルは当院にお気軽にご相談ください。

当院長の田口は、これまで12年間、新潟大学医歯学総合病院にてほてつ治療を専門とし、数多くの経験を積んできました。

入れ歯や冠、ブリッジの治療を得意分野としておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください
区切り線義歯(入れ歯・ブリッジ等)全ての歯がなくなった場合に使用する「総入れ歯」、歯が残っている場合に使用する「部分入れ歯」があります。

また、左右の健康な歯を利用して橋のようにかける「ブリッジ」があります。 区切り点線 クラウン(被せ物・差し歯等)虫歯などで歯が欠ける・壊れるなどしてしまった場合、被せものをして補うことを「クラウン(冠)」といいます。
歯が丸ごと抜けてしまった場合は、差し歯となります。

インプラントと差し歯の違いは、差し歯は「歯はなくなってしまったが歯の根は残っている」場合にしか適用できないという点です。 区切り点線 インプラント(人工歯)
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)などで歯を失ってしまった歯の代わりに、人工の歯の根をあごの骨に埋め込む治療法です。

義歯との大きな違いは、人工の歯の根をあごの骨と結合することです。

あごの骨と直接結合することで、見た目も美しく、強度もあり、本物の歯と変わらない機能があります。
区切り線上へ戻る 当医院の「ほてつ物」へのこだわり区切り線 精密な型取り当医院では、作成したほてつ物(冠やブリッジ、義歯、入れ歯など)を患者さんにできるだけ長く使用していただけるように、品質の良い、精度の高いほてつ物の作成を心がけております。

歯肉圧排イメージ 品質の良い、精度の高いほてつ物を作成するためにかかせない条件の一つに、きちんと歯と歯ぐきの型を取る「歯肉圧排(しにくあっぱい)」での型取りがあります。
歯肉圧排イメージ 「歯肉圧排(しにくあっぱい)」とは歯と歯ぐきの境目に糸を入れ、歯とほてつ物の境目を明確にする精密な型取りの手法です。

歯とほてつ物の境目を明確にすることで、精密なほてつ物を作ることができます。
歯肉圧排イメージ この手法は手間のかかる処置ですが、品質の良い、精度の高いほてつ物を作るために、当院では「歯肉圧排(しにくあっぱい)」での型取りを行っています。
区切り線上へ戻る クラウンやブリッジの治療手順
仮歯 当院では、患者さんの噛み合わせを考慮し、一人ひとりにピッタリ合った、清掃しやすいクラウンやブリッジを作成するために、治療期間中には必ず仮歯を作製いたします。
完成した歯 仮歯を調整しながら、最適な歯の形を検討し、その情報を最終的なクラウンやブリッジの作製に役立てています。
仮歯と完成した歯の比較  
区切り線上へ戻る
クラウン(冠)治療例
クラウン(冠)治療例・術前 クラウン(冠)治療例・術前
クラウン(冠)治療例・ほてつ後
区切り点線
クラウン(冠)治療例・治療前 クラウン(冠)治療例・セラミックによる修復物
クラウン(冠)治療例・治療後
区切り線上へ戻る
ブリッジ治療例
ブリッジ治療例・治療前 ブリッジ治療例・「歯肉圧排」による精密な型とり
ブリッジ治療例・「歯肉圧排」による精密な型とり ブリッジ治療例・治療終了時
区切り点線
ブリッジ治療例・土台をたてる前 ブリッジ治療例・土台をたてた後
ブリッジ治療例・治療終了直前 ブリッジ治療例・治療終了時
区切り点線 義歯治療例
義歯治療例・保険適用の義歯 義歯治療例・保険適用の義歯
義歯治療例・保険適用外の義歯 義歯治療例・保険適用外の義歯
区切り線上へ戻る
インプラント治療例
インプラント治療例・術前 インプラント治療例・術後
インプラント治療例・術後のレントゲン インプラント治療例・術後
区切り点線
インプラント治療例・術前 インプラント治療例・術前
インプラント治療例・術後 インプラント治療例・術後
区切り点線
インプラント治療例・術前 インプラント治療例・術前
インプラント治療例・術後 インプラント治療例・術後
区切り線上へ戻る